アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「介護」のブログ記事

みんなの「介護」ブログ

タイトル 日 時
パーキンソン病のうつ
あんなに暑く、長かった夏が遠いところへ行ってしまいました。 これからは寒い日が続きますが、温かい食べ物や飲み物が美味しい季節になります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/30 10:01
台風一過、里帰り。。。
台風一過、里帰り。。。 大型台風の通り過ぎた後は、爽やかな快晴、、、 とはいかなかったけれど、暑くもない里帰り旅行です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/21 19:22
台風だ!雨戸だ!懐中電灯は?
台風特有のムッとした生温かい風が 吹いてきて、それでも蝉は必死に鳴いています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/20 08:13
扇風機とクーラーに文句を言う、、、、、
扇風機とクーラーに文句を言う、、、、、 去年は過去に経験したことがないような とてつもない暑さに参った。。。。。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/10 11:19
食べること、、、、、パーキンソン病では
パーキンソン病だった母は罹患して 20年くらい経っていた頃でも良く食べた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/27 15:06
**〜%〜**フラワーアレンジメント**
**〜%〜**フラワーアレンジメント** ここ2年ほどお花を生ける余裕もない生活が続いていたのですが、久しぶりにお花を買ってアレンジメントをしてみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/12/21 10:24
初夏だから!
さてさて、春に初めてお会いした歌手のHさんといつも母がお世話になっている歯科衛生士のSさん、看護師のFさんの4人でお昼ごはんをご一緒することにしました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/30 19:53
「オン・オフのある暮らし」販売を始めました!
「オン・オフのある暮らし」販売を始めました! 「オン・オフのある暮らし」販売を始めました! ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/02 18:26
こころのコンサート
こころのコンサート こころのコンサート今日はパーキンソン病でオルゴールサロン・ヒロを主宰しておられるTさんが主催されている「こころのコンサート」にお伺いいたしました。シャンソン歌手であられる「KUSUYO」さんがメインイベンターでしたが、参加者100名に近いほどの大盛況でした。「KUSUYO」さんはボランティアにも積極的でおられるようですが、歌声も優しく温かく懐かしい思いがいたしました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/04/18 22:36
万華鏡!!!
夏に脱水症状と尿路感染で2度の入院をした母はひどい褥瘡になりました。 そして9月になってから皮膚科の往診が始まりましたが、食事が口から入りませんでした。 咀嚼も嚥下も困難になり胃瘻を検討するようかかりつけ医からもアドバイスがありました。 家族の間でも胃瘻については様々な意見があり、とても一言では片づけられません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/22 22:20
夏は過ぎ、秋が来た!
夏は過ぎ、秋が来た!は過ぎ去って秋の気配です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/30 12:52
それぞれに・・・
パーキンソン病で脳梗塞を発症した母は最近食べ物を噛むことや飲み込むことに困難があります。 食べる意欲はあるのですが、柔らかく煮たり潰したものでも食べ物が口の中に残ります。 口の中に食べ物があると、口を開けないで次の食べ物を受け付けなくなります。そして、意欲が低下して食事が進みません。身長は142センチほどですが体重は30キロを下回っています。臀部仙骨部に褥瘡も再度発症して、もう満身創痍です。週3回の点滴や月1回の血液検査、月2回の尿検査、週4回の訪問看護、週3回のデイの入浴やリハビリ、週1回... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/02 20:02
ぼちぼちと・・・
ぼちぼちと・・・ 昨年は7月と12月に腎盂炎で入院をした母は、今年は6月にまたもや腎盂炎で入院をすることになりました。 食欲がなく、グズグズと日常に不快感が出ると、あっというまに高熱と意識障害になります。 まったなしのこの現象に、すぐさまに対応していただける主治医と入院対応していただける病院があることは幸せなことです。2週間みっちり水分と抗生物質の点滴を行って、見違えるように元気になりました。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/21 17:13
春を待つ・・・トホホ
春は遠し 昨日までは暖かい春の日差しでしたが、今日からはまた冬に逆戻りのようです。 北部では雪のようなことも聞きました。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/03/02 11:24
ああ!緊急入院!!!
ああ!緊急入院!!! ここ最近、毎日のように発熱があった母が今日入院となりました。 7月に腎盂腎炎で入院してからは毎月血液検査を行い、点滴も自宅で続け、この1ヶ月はほぼ毎週血液検査を行って、先週は問題がなかったのに昨日は炎症反応、貧血、脱水とボロボロでかかりつけ医も年末で実家へ帰省されるので、入院が無難と判断されたようです。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/12/26 20:36
お盆は残酷
家族が介護を放棄すると、負担で精神的にかなり厳しい。 体は慣れなのか、痩せる事はないけれど、患者に対して優しくはなれない。可愛そうなのはいつも患者なのよね。(T_T) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/18 23:13
緊急入院で(*^o^*)ドキドキ(*^。^*)バクバク
昨日の朝一番にかかりつけ医から電話がありました。 血液検査の結果、炎症反応が依然高いので集中治療が必要と思われるので入院を勧めると言う内容でした。 4週間前から炎症反応があり、3週間前から発熱が続きましたので抗生物質や抗菌剤、点滴などを行ってきたのですが、こうも長期間に治まらないのは腎盂腎炎が疑われるので集中治療が必要だから即刻入院治療するようにとのことでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/12 19:57
食べるという事
今年の4月頃から母の歯が次々と折れてしまって、そのたびに入れ歯を改造してきましたがこの6月になって残った歯が全て駄目になりました。その度に母は愕然とショックを隠せず、食欲も目に見えて落ちていきました。 そして、やっと完全な総入れ歯が出来てしっかりと密着しているにも関わらず、食欲はあるものの依然と食事量は減る一方です。食べてもイメージが違うのだと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/06 18:57
エドはるみ!
私はテレビなんかまともに見ない日がもう何年も続いている。 しかし、母は昔からよくテレビを見ていて芸能界情報は詳しかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/28 20:56
日々是好日
あんなに毎日大変だった不随意運動(ジスキネジア)は嘘のように無くなりました。 その代わりに元気が無いようだと皆さんが仰います。 主治医はLドーパが減ったせいで体が硬くなったと仰います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/30 20:00
筋トレ?
筋トレ筋トレ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/27 20:37
ヘルパーさんの戸惑い
今日は母と同居の家族がお出かけのために、昨晩から母の家へ帰り一日中見守りと介護を続けた。ヘルパーさんが朝の10時半から夕方6時まで来てくれていたのだが、初めての方と母との相性が良くなかった方が入っておられるので、結局仕事には行けずに一日中母の廻りをウロウロとして、何もできずに長い一日だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/01/13 22:08
あけおめ・ことよろ
2008年の幕開けは、ダラダラと1日中着替もせず、お化粧もしないで、お雑煮は頂いたものの、特別に変化のない日でした。大体において着替もお化粧もしないのは珍しいのですが… 夕方からは母のいつもの不随意運動が激しく、夕食は遅くなってしまいました。2日は二人で「このまま家に引き込もっていたら、カビが生えるよ」と出かけることにしました。車椅子を押して近くのショッピングセンターで犬を見たり、母の靴(ディサービス用)やシュークリームを買って、結構楽しみました。その日の夕食は二人で楽しくいただきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/05 16:03
地道にコツコツと・・・
パーキンソン病と関わって20年が過ぎました。 私自身は病気ではありませんが、母は25年以上の罹患者です。 完全な介助が始まったのは10年前で、年を追うごとに介護することが多くなりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/28 23:17
今日までは
今日、95歳になる知り合いの女性と久しぶりにお話いたしました。 1ヶ月ほど前に脳内出血で自宅で倒れられたそうです。 近くの病院へリハビリに通院されていて、自宅へ戻られてトイレへ行こうとしたときに倒れられたとか。幸いにも娘さんがおられて直ぐに病院へ連れて行かれて、何度も検査をされたそうですが、今日お会いしたときには杖をつきながらもお言葉もしっかりと聞き取れて、ご家族がおられないにも関わらずご自分でドアを開けてくださいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/22 22:33
困った!
パーキンソン病はドーパミンの欠乏によって動けなくなるが、私はその患者を介護することによって「腱鞘炎」と「筋肉疲労」を起こして体中が悲鳴を上げることになってしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/02 21:56
今だから思うこと・・・
思えば今から30年も前に母がパーキンソン病だとわかった時、もっと病気を知って理解していれば、母は苦しまなくても良いことが多かったのではないでしょうか。 ただし、その当時は今のようにパーキンソン病の情報は少なく、治療方法も無かった時代でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/17 22:52
今日の安堵と明日の不安
今日は時折ジスキネジアや硬直があったものの、落ち着いた母の状態に安堵しました。 ヘルパーさんが家に来られることや、トイレや食事、更衣という介助が他人によって行われることは私たち健常者には考えられないほどのストレスが発生しているのだとつくづく考えさせらるこの頃です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/24 22:11
不随運動の不思議?!
不随運動の不思議?! 脳梗塞を起こして半年ほどの入院を余儀なくされた母は、退院をして1ヶ月が経ちました。 ここ2〜3年ジスキネジアがだんだんと苦痛に感じるようになってきていましたが、入院が長引くようになるとその激しさは日々増すように見えてきました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/04/02 12:05
インフルエンザ!
インフルエンザ!生まれて初めて、インフルエンザにかかってしまいました。 39度の熱と、節々の痛み、喉の痛み、悪寒が初期症状でしたが、まさかとインフルエンザを疑わないままに5日間を過ごし、症状が改善しないので病院へ行って初めてわかりました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/03/25 19:23
「医療と看護と介護に心はあるのか?」について
「医療と看護と介護に心はあるのか?」について 医療も看護も、介護も知識と技術だけでは病を背負った者には時には辛くあることは事実です。 心と言うのは目に見えないものだけに、言葉や態度で精一杯表現しないと伝わりにくいものではないのでしょうか? 相手の立場に立つと言うことは、どんな状況でも自分を顧みると言うことですから、結局は自分が相手に不愉快な思いや押し付けなどをしていないか、どうしたら満足してもらえるかということを考えるのが普通なのではないのでしょうか。 だから、相手が不愉快にならない程度に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/18 20:18
医療と看護と介護に心はあるのか?
私は健常者です。今のところ特記するような病気は持っていません。 でも、過去に事故や病気で入院したり手術の経験も数回あります。 でも、それは回復する見込みのある入院や手術でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/01/17 21:17
人間の神秘
パーキンソン病で25年以上も苦労した挙句に、膀胱腫瘍で入院した病院で脳梗塞を起し、発見が早かったために一命を取りとめ右半身がほとんど不随のまま、言語も不明瞭でコミュニケーションができずに、何の希望もないと思われた母はとても元気になりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/12/07 21:19
「えっ?悪性症候群?」について
「えっ?悪性症候群?」について 専門のお医者さまに問合せしましたら、CPK600位では軽いもののようです。 でもそれにしてももう少し、主治医の先生には説明をしていただきたいと思うのですが・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/26 19:24
えっ?悪性症候群?
脳梗塞で転院した後に、最近ジスキネジアが強くなったのでお薬の調整で何とかなりませんか?と神経内科の主治医に言ったところ、エフピーを1錠減らしましょうと言われたが、知らないうちにLドーパが5.5錠から3.5錠になっていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/15 20:07
一難去って、また一難!
パーキンソン病に罹患して約25年も経過すると、いわゆるON-OFF現象やジスキネジアなど様々な副作用が出てきます。その上に高齢者特有の病気が重なります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/15 10:54
どうなんだろう?
突然にパーキンソン病とは別の病気で母が入院しました。 そろそろ1ヶ月になろうとしています。 本人は結構元気です。こちらの心配は少々当て外れでしたが・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/09/16 20:45

トップへ | みんなの「介護」ブログ

パーキンソン病患者は負けない! 介護のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる